婚活で出会ったばかりの相手に「どこ行きたい?」って聞いちゃダメな話

プレリプレ

5/28(土)21:00~22:00 1:1プレお見合いオンライン

こちらのお申し込みが本日23:00までになります。

お申し込みいただいた方の中から、お互いに理想に近しい方同士をご招待します。

ご招待した全員(男性4名様:女性4名様)とオンライン上の個室で1:1でしっかりお話ができますので、そこで好感触になれば一気にお見合いまで進むことも!!

このプレお見合いは6月も無料でバリバリ開催しますので、Repre(リプレ)の会員様はぜひお気軽にエントリーください。

プレお見合いに興味があるビジター様には、参加方法など詳しい流れをご説明しますのでこちらのフォームよりお問い合わせくださいませ!

ご質問などございましたら併せてお気軽に!!

 

先日新規の無料ご相談会にお越しいただいた方から差し入れを。

これからはお気遣いなくいつでもお気軽にご連絡くださいね!

美味しくいただきました!!

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

息子と僕の話です。

僕は、息子が「今日何日?(何曜日?)」みたいな質問をしてくるときに、いったん「何日だと思う?」と聞くようにしています。

これは、まずは自分のなかで答えを見つける習慣をもってほしいから。

分からないことをいつまでも考え続ける必要はないですが、自分のなかで答えを持ってそれから確認をするというのと、自分ではなにも考えずに答えを相手に丸投げするのとは、人と良好なコミュニケーションをとるうえで雲泥の差になると思うんです。

 

先日ご相談いただいた女性から

「(仮交際中の)相手が、いつも『どこ行きたい?』って聞いてくるのですが、繰り返されるうちにだんだんモヤっとしてしまって」

というのが、「どこ行きたい」ってはじめは相談を持ち掛けてくれていると思ったのですが、どうやら相手のなかにはプランもイメージもなく、ただこちらに丸投げしているだけだと気づいてしまったようで。

で、

「こことかどう?」と伝えると、

「分かった、じゃぁ日程はいつにする?」って、おいおい上司に承認をもらっているんか?という感じにだんだんと不満が募っているそうな。

 

そう、この、

相手に質問をするときに、自分のなかに答えをもって質問をするのと、自分は何も考えずに相手に聞くのとでは、相手への伝わり方ってまったく違うんです。

前者は、そこから調整なり相談なりというキャッチボールがはじまりますが、後者はただの壁打ちにしかならず。

さらには、その「壁」がエラそうに突っ立っているとムカつくし、壁のクセに(壁のクセに?)変な球投げ返してきたりすると普通にウザいし。

 

自分のなかで答えをもったうえで質問をするから、相手の返答にそのまま乗るのか、相手が答えがなければ自分の答えを提案するのか、相手の返答と自分の答えがあまりに違えばそこから話し合いをするのか、いずれにせよ前向きなコミュニケーションが取れます。

自分のなかに答えを持たずに相手に聞くのは、相手の言ったものにそのまま乗っかろうとしているのか、相手のなかに答えがなければ相手に考えさせようとしているのか、どちらにせよそれは相手の負担にしかならず自分は高みの見物でラクチンをしているだけで。

たまに、自分のなかに答えを持たずに相手に聞いたのに、相手が一生懸命考えて答えたものに「え~」みたいな反論したりするア〇もいて。

自分:(なにも考えずに)「何か食べたいものある?」

相手:(特に考えてなかったけど聞かれたので一生懸命考えて)「蕎麦とかさっぱりしたものは」

自分:「え~そばぁ~?」

って、おいおい壁。

壁なんだから相手が打ってきた球をそのまま返せ。

壁のクセにNOだけ明確な自己主張すなぁ。

 

相手に何か問いかけるときは、ガッチガチに固めることも大正解を作ることでもないですが、自分なりの答えを持って問いかけましょう。

それをしないで問いかけるのは、それは問いかけではなくただの丸投げで相手の負担にしかなりません。

そういう丸投げのコミュニケーションをとっていると、そんなあなたの姿にいつしか相手は不満を感じるようになります。

 

婚活という、出会ったばかりの相手と関係性を築くとき。

まだ相手のことを好きでもなんでもないから、そんな好きでもなんでもない相手のためにアレコレ考えるのって、忙しい毎日を過ごしているあなたにとって面倒なことかもしません。

でも、

その面倒をさけるために相手に丸投げをするのは、その面倒を相手に押し付けているだけ。

そんなコミュニケーションからいい関係なんて築けるわけがないんです。

そんな思いやりのかけらもない丸投げは、相手にとって不満にしかなりません。

まだ好きでもなんでもない相手だけど、何かの縁で出会って、出会った感じの印象が悪くないから仮交際に進んだんですよね。

ならば、その相手といい関係が築けるように、まずはあなたが相手に負担をかけないよう一生懸命はたらきかけましょう。

 

まだ好きでもなんでもない相手に施すのって、そこに気持ちものらないし、自分の負担になるところもありますが、それでもまずはあなたが一生懸命はたらきかけましょう。

なぜなら、

はじめは自分だけがはたらきかけているように思うかもですが、少しの時間を経て相手も一生懸命はたらきかけてくれていること、そこをお互いに感じたときにいい関係がうまれるものだから。

自分はノボっとしていて、「相手がやる気ならこっちも」なんて思っていると、そんなあなたの姿に相手は不満を感じ離れていきます。

 

これは婚活だけではなく、人付き合い全般そうですし、仕事なんかもそうです。

自分は考えもせず相手(会社)に寄りかかったり、相手(会社)があなたに施したら自分もやるみたいな姿勢だったり、そんなコミュニケーションをしていたらそこにいい関係はうまれませんし、相手(会社)にとってあなたは重荷にしかなりません。

まずは見返りなんか求めずあなたが一生懸命はたらきかけ、相手もあなたに一生懸命はたらきかけていることを知ったとき、そこにいい関係が築けていい成果がうまれるということ。

 

はじめはその効果は分からないかもですが、まずはあなたが一生懸命考えてはたらきかけること。

それをお互いにし合ったときに、そこにいい関係がうまれるものですから。

 

 

 

 


Repre(リプレ)おすすめ情報

理想の条件をもった相手と結婚するには、入会金無料・月会費無料の「結婚相談所Repre(リプレ)」へ

人柄を重視して結婚相手と出会うには、プレお見合いをしてからお見合いを決める「プレリプレ」へ


Repre(リプレ)へのお問い合わせはこちら



プレリプレの最新情報をお送りします

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました