婚活をして結婚するのに最低限これだけはやらないといけないこと

昨日のプレリプレは

1:1プレお見合いオンライン

を開催しました。

この企画をはじめてもう5か月になるので、過去に一緒になってことがある相手とまた出会うこともあります。

ただ、それも結構出会いのチャンスだったりして、人には単純接触というはたらきがあり、何度も接触を重ねていると自然と興味が湧いてくるということがあるんです。

なので、はじめはまったくピンと来なかった相手でも、何度か話をしているうちに「あら」みたいなことって結構あって。

出会ったその場でマルバツを付け合わず、一緒の時間を何度も過ごしながら少しづついい関係を築いて、結婚に繋がるいい出会いを見つける

というのがプレリプレのコンセプト。

ピンと来ないからってすぐにポイっとしないで、「良い人間関係を築く」という視点で同じ異性と何度も触れ合うとそれがいい出会いに繋がったりすることがあるんです。

「出会ってすぐにマルバツを付け合わない」というプレリプレの出会いをぜひお楽しみくださいね!

次回のプレお見合いは

8/20(土)20:00~21:30 ミックスプレお見合いオンライン

になります。

こちらは8/16(火)23:00までのエントリーになりますので、ご希望の方はぜひお早めにお申し込みください!!

 

昨日はちょっと僕がミスをしてしまい、ご迷惑をおかけしてしまった方には申し訳ありませんでした。(業務連絡)

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

いろいろな婚活系のSNSを見ると(このブログ含む)、「婚活をして結婚できる人の特徴」とか、「婚活をして結婚するのに必要なこと」とか、そんなことがアレコレ言われています。

容姿を磨いている人

ハイスペックな条件を持っている人

スムーズなコミュニケーションが取れる人

いつも穏やかで笑顔な人

相手の気持ちが理解できる人

甘え上手、エスコートがスマート、家族を大事に、自分を好きになる、お互いの価値観をうんぬん・・・

もう何をしたら良いか分からないくらいの、結婚できる人の特徴や、結婚するために必要なことが言われています。

でも、そんないろいろ言われたって全部はできないし。

なので多くの人は、自分が今できる範囲のことで良しとしてしまっているのが現状かと。

ただ残念ながら、自分にできる範囲のことを今と同じようにしていたら、今までと同じ結果になるは明らかです。

 

なので、結婚するにはやっぱり今までとは違うエッセンスを加えていかないといけないんです。

ただ話がループしますが、「婚活をして結婚できる人の特徴」とか、「婚活をして結婚するのに必要なこと」とかいろいろエッセンスを言われても、すべてをすぐに実行できる人はなかなかいません。

そこで今日は、

「婚活をして結婚するのに最低限これだけはやらないといけないこと」

を1点だけにまとめてお伝えします。

これをやったから1-1で結婚できるということではありません。

なんでもそうですが、100%でうまくいく方法なんて存在はしませんので。

でも、これをやり続けていれば必ず結婚に繋がるいい出会いは見つかるし、これをしなければどれだけ「婚活をして結婚できる人の特徴」とか、「婚活をして結婚するのに必要なこと」とかを実行しても、結婚までは進まないということです。

 

「婚活をして結婚するのに最低限これだけはやらないといけないこと」

それは、

ちょっとでも興味がある相手には自分から近づくこと

これだけです。

これをしないで結婚まで進む人は、本当に限られた一部のモテモテさんだけ。

ほとんどの人はそんなモテモテさんではないですが、ほとんどの人はこれをしっかりやり続ければ、結婚に繋がるいい出会いは見つかります。

 

ここで注意をすべきは、

「ちゃんと好き」とかそういうことじゃなく、「ちょっとでも興味がある」ということ。

そして、

「自分から近づく」というのは、その名の通り自分から誘い自分から会いに行くこと。

これを地道に続けていれば、いつかあなたの方をしっかり向いてくれる相手は現れます。

 

人ってやっぱり、

「自分に好感を持ってくれる相手」

「自分のために一生懸命動いてくれる相手」

には、大なり小なり心は動くものなんです。

逆に、

「自分に好感を持ってくれない相手」

「自分のために行動を起こしてくれない相手」

には、遅かれ早かれ気持ちは遠のいていくものなんです。

 

これらを、「ちゃんと好き」になった相手には実行できる人はいるでしょう。

ただ、

婚活というまったく初対面の相手と関係性を深める出会いの場合、「ちゃんと好き」になるまで行動を起こさなければ、「ちゃんと好き」って思い合えるほどの仲にはなりません。

 

人と人が好き合う経緯って、

どちらかがほんの小さな点に好感を持って、その好感が相手に伝わって。

それを受けた相手が、「あら?なんか自分に好意もってくれてる?」っていうのを感じて。

それを感じたので、ちょっと意識をしてして見るようになり。

意識をして見られていることを感じて、さらに強く意識をしたり、それが好意として膨らんだり。

みたいな感じで、

はじめは小さな火種みたいな感じを、お互いが「お?」「あれ?」「そっちも?」「ん?」みたいな感じで、伝え合い感じ合いながら少しづつ大きくしていく、それがお互いが好き合う経緯だったりします。

はじめから「ドーンっ」て花火みたいに打ち上がる出会いも無くはないですが、そんなのマレのマレであって、ほとんどは小さな火種を分かち合いながら育てていくような感じです。

なので、

ちゃんと炎になったら相手に伝えるみたいなことじゃなく、「ちょっとした好意(もしくは興味)」があったらそれをしっかり相手に伝えて、「良いと思うので(興味あるので)もっと知りたい」ということで自分から相手に近づいていくこと、これをお互いがし合えばいい関係になる可能性はめっちゃ上がるわけで。

ところが、

婚活という出会いの場では、この小さな火種を相手に表現しなかったり、小さな火種を感じてもそれを大きくしようと行動をしなかったりする方がほとんどなんです。

なぜなら、

そこまでまだ好きじゃないし、好きじゃないから行動しようと思わないし。

でも、

放っておいて自然と好きな気持ちが膨らむことはほぼなく、そのための行動をせずに好きが膨らむこともないんです。

小さな小さな火種をお互いで育てていくことをしないと、まったく初対面の相手と好きという気持ちを持ち合うことはできないんです。

 

「ちょっとでも興味がある相手にはその想いを伝え、その興味をさらに深めるために自分から相手に近づいていくこと」

これを出会った相手に丁寧に丁寧に行っていけば、必ず結婚に繋がるいい出会いは見つかります。

多くの方(特に女性)は、これらを実行しようとせずに、

「ちゃんと好きになったら」

「相手がやる気なら」

って、自分から積極的に動こうとしないんです。

繰り返しにはなりますが、黙っていて好きの気持ちが勝手に湧き上がってきたり、興味を持った相手が勝手にテンション高く向こうから近づいていて来てくれることなんて、絶対ないとは言いませんがかなりのレアケースですからね。

自分の小さな好意を表現して、自分から相手に近づいていくこと、これが「婚活をして結婚するのに最低限これだけはやらないといけないこと」なんです。

 

「いやいや、むしろ出会う相手みんなにそれをしているけど、一向に結婚に繋がる出会いなんてありません」

そういう方もいるかもしれませんが、そういう方はじめて冒頭にあったような「結婚するために必要なこと」みたいなのを実行するといいでしょう。

それをやらずして、自分のできる範囲のことを自分のできるペースでやっていたら、それは今までと同じ結果になるだけですものね。

好意の表現の仕方、相手への近づき方、ここに工夫は必要になるのでしっかりやって行きましょう。

 

ちょっとでも興味がある相手には自分から近づくこと

あなたはどうでしょうか?

うまくいかなかったらどうしよう?

やる前からそんなこと考えず、むしろ必ずうまくいく保証なんてないということを受け止めて、そのうえで実行し続けてください。

結婚に繋がる出会いって、ホントにふとしたときにあるものなんです。

 

 

 

 


Repre(リプレ)おすすめ情報

理想の条件をもった相手と結婚するには、入会金無料・月会費無料の「結婚相談所Repre(リプレ)」へ

人柄を重視して結婚相手と出会うには、プレお見合いをしてからお見合いを決める「プレリプレ」へ


Repre(リプレ)へのお問い合わせはこちら



プレリプレの最新情報をお送りします

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました