出会った相手の嫌なところを見るとすぐに冷めてしまうあなたへ

 

昨日の

365オンライン

は、「資産運用について相談する会」を開催しました。

会員様で資産運用に詳しい方がいらっしゃり、その方に自由に何でも質問できる会。

もう昨日は完全にお金払って聞くくらいの内容で、これを無料で受けられたみなさんはかなりラッキー。

365オンラインでは、会員様の持っている得意でみなさんの力になるようなイベントも多数開催しております。

ただ独身の方で集まって楽しくお話をするだけではなく、こうして役に立つような情報もどんどん手にすることができるのが365オンラインで、それを毎日無料で開催しているなんて村木さんは本当にすごいです。(昨日に続き誰も褒めてくれないので自分で自分を褒める系男子)

 

本日

8/31(火)21:00~スナック村木

を開催します。

月末はみなさんお忙しいと思いますのでイベントは組まず、フリートークのスナック村木を開催してまいります。

こちらは人数も無制限で直前のドタ参加もオッケー!

家に帰ってきて、「思ったより早かったのでちょっと時間ある」となった方は、ぜひお気軽に遊びにいらしてください。

居合わせたみんなでワイワイ楽しくお話しましょう。

20:45まで参加申し込み受け付けております!!

 

iDeCoとNISAとM-urakiどちらに?

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

先日の365オンラインでちょっと話題になったことです。

「お昼間の混雑時間帯にラーメンを食べにいったあなた。

塩ラーメンを頼んだのですが、そこに味噌ラーメンが来てしまったときにどうするか?」

という話。

 

当日参加していた方の多くは、

「そのまま何も言わずに味噌ラーメンを食べる」

「一応確認はするけどそのまま食べる」

という方がほとんどで。

もうなんかみなさんの寛容っぷりに驚いてしまいました。

僕だったら、その後どうするかは別としてとりあえず

「いや、僕が頼んだのは塩ラーメンですよ」

ということをアピールしてしまいます、どんなに混雑をしていても。

 

ただ、アピールを強くしない方々は、気が弱いとか言えないとかそういうことじゃなくて、

「この混雑時に間違って味噌が来ちゃったのは仕方ない→今から言っても作り直すのを待てない→ならそのまま別に味噌でもいいや」

という、現状の流れを冷静に分析をして、お店のことも自分のことも考えたうえでの対応となるそうなんです。

 

これ、とても大人で寛容な対応だと思います。

店側からしたらありがたいお客さんで喜ばれるとも思います。

ただ、ひとつだけ確認をしたいことがあります。

それは、

何も言わずに味噌ラーメンを食べ終えて、お店を出た後に

「やっぱり塩ラーメン食べたかったな」とか、

「違うもの出されてなんか嫌だったな」とか、

「サービス悪い店でもう行きたくない」とか、

そういう不満や後悔を残して終わることはないかということ。

たかだかラーメンのことなのでそこまで大きな不満にはならないと思いますが、モヤっとするところを残したりはしないかということなんです。

それがまったく残らずに、

「あ~美味しかった!また来よう!!」

となるのならまったく問題ないと思うのですが、そこに少しでもモヤっとしたものが残るならそれは良くないことだと思います。

なぜなら、

あなたが勝手に理解をして、勝手に我慢をして、勝手に不満を感じるという、間違いをした相手とコミュニケーションをとることなく勝手にお店に不満を感じてしまっているから。

 

僕が、

「いや、僕が頼んだのは塩ラーメンですよ」

とお店に伝えたいのは、コミュニケーションをとらずに勝手に不満を感じることをしたくないからなんです。

自分の中で勝手に解決をしたり、勝手に飲み込んだりしないで、まずはそれをしっかり伝えて(言い方などは注意)それに対してのお店のリアクションをしっかり受けた方がいいと思っているからなんです。

もし飲み込めるならまだいいのですが、何も言わずにお店に勝手に不満を感じてしまうそれが良くないことなんじゃないかと思って。

そこで、

「あらぁごめんなさい、テーブル間違えちゃった」とすぐに持ってきてくれればそれで済むし、僕の塩ラーメンを誰かが間違えて食べることもないし。

「あらやだ、本当にごめんなさいすぐに作り直しますね」って言われたら、「いやいや味噌でも全然問題ないのでいただきますね」って食べるし。

「もう本当にすみません、これお詫びのチケットなので次回使ってください」みたいに言われれば、丁寧に対応をしてくれたことに感謝をしてまた来ようって思うし。

 

これ、僕がいつもいつもこのブログで話をさせてもらっている

出会ったばかりの相手がイヤなことをしてきたときは、「イヤなことをしてきた人=イヤな人」ってしないで、まずは「それがイヤだな」っていうのを伝えてみるといいですよ、

っていうことなんです。

 

出会ったばかりでまだコミュニケーションなんてとれていないし、もっと言えばまだ好きでもなんでもない相手。

そんな相手とやり取りをしている中で、「ちょっとイヤだな」「なんか気になるな」と思うことってあるじゃないですか。

それを、相手にまったく伝えることなく「イヤなことする人=イヤな人」みたいにしちゃうと、なかなかいい出会いって見つかりません。

相手に言わないで自分の中で治めることができればいいのですが、相手に言わないで勝手にイヤな人にしちゃうのって、それはやっぱマズイことだしコミュニケーションとしては不十分ですし。

 

「ちょっとイヤだな」「なんか気になるな」っていうことをしてきた相手がいたならば、言い方やタイミングには十分に配慮をしてですが、それは相手に伝えた方がいいと思います。

相手を責めるのではなく、「そのことがイヤだ(気になる)」という事柄だけを相手に伝えてみては。

それに対して、

「うぁごめん、これから気を付けるね」とか、

「全然気づかなかったので言ってくれてありがとう」みたいになれば、それが逆に良い印象として持てるようになるかもしれないし。

「は?そんなの知らないし」みたいな聞く耳もたずの返答ならば、その対応を見て「イヤな人」だと認識をすればいいし。

味噌ラーメンもってきた定員さんに、「すみません、僕塩ラーメン頼んだと思うんですが」って伝えたら、

「は?塩も味噌も一緒だろ」

とか逆ギレされたら、そんな店に二度と行かないしwww

 

関係性が築けていて、お互いに好意を持っている相手となら、ちょっとくらいイヤなことがあってもスルーしといて大丈夫かもしれません。

でも、

まだ関係性が築けておらず、これから相手のことを知る段階で、イヤなことや気になることがあったときはそれをちゃんと伝えて、そのときにどう向き合ってくれるのかを見て相手への感情に変えた方がいいでしょう。

言えないで飲み込もうとして、飲み込み切れずに「なんかこの人イヤ」みたいになっちゃうのは、それは勝手に相手を悪者にしている良くないコミュニケーションです。

こういった、合わない部分や気になる部分にしっかり向き合えて、上手に折り合いをつけることができる相手なら、今後一緒に過ごしていくのはすごく楽チンで心地よいです。

逆に、合うところもいっぱいあるけれど、合わない部分についての折り合いがうまくつかない相手とは、長く一緒の生活をしていくのはストレスいっぱいで難しいでしょう。

どんなに魅力的な相手でも、どんなにピッタリだと思う相手でも、イヤなところや気になるところなんていくらでも見つかりますからね。

 

塩ラーメンと婚活は別バナじゃんとか思わないでくださいね。

出会った相手にイヤなところや気になるところがあったときに、自分で勝手に飲みこもうとして、飲み込みきれずに相手をイヤになっちゃう、それをしているとノーミスの二重丸な相手としかいい関係を築けないし、もしいい関係を築いてとしても後で折り合いがつかなくなることがあります。

出会った相手にイヤなところや気になるところがあったときは、言い方やタイミングには十分配慮をしたうえで、相手の人の部分ではなくその事柄自体について、「ちょっとイヤだな」「なんか気になるな」というのを伝えてみた方がいいと思います。

そういったコミュニケーションからいい関係を築けますし、そういったコミュニケーションなしでいい関係を築くのは難しいですから。

「それを言って嫌われたらイヤだな」みたいなのがあるのかもしれませんが、それを言わずにあなたから嫌いになったら一緒ですものねwww

ちょっと勇気がいったりするかもしれませんが、相手のイヤなところがあったら「イコール嫌な人」としないで伝えてみることをおススメします!!

 

 

 

 


Repre(リプレ)おすすめ情報

理想の条件をもった相手と結婚するには、入会金無料・月会費無料の「結婚相談所Repre(リプレ)」へ

人柄を重視して結婚相手と出会うには、プレお見合いをしてからお見合いを決める「プレリプレ」へ


Repre(リプレ)へのお問い合わせはこちら



プレリプレの最新情報をお送りします

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました