「出会いの場での直感は信じるべきかどうか」そこには明確な答えがある

昨日のプレリプレ

1:1プレお見合いオンライン

を開催しました。

まずはみなさんから参加エントリーをいただき、その中から理想に近しい方同士をご招待しオンライン上の個室で1:1でしっかりお話をしましょうの会。

そこで手応えあれば実際のお見合いに進んでいただくことができるという、それがプレお見合いです。

条件だけをもとに会ってみても思っていた相手と全然違ったなんていうのはお見合いアルアルなのですが、こうしてちょっとコミュニケーションをとってからお見合いを決めることができるので、時間的にも労力的にも料金的にも間違いのないたしかなお見合いができます。

プレリプレはRepre(リプレ)の会員様のみが参加できるコミュニティになりますので、会員様はこちらのスケジュールからいつでもお気軽にお申し込みいただき、ビジター様で参加希望の方はこちらフォームよりお問い合わせくださいませ。

あなたにとってのメリットデメリットを詳しくお話させていただきます。

6月もいろいろな出会いのカタチがありますので、ぜひいい出会いに期待をして遊びにいらしてください!!

 

昨日も終わったあとに「あの人気になる」の声をたくさんいただき、いい出会いの予感がムンムンでございます!!

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

婚活系の情報サイトを見ると、

「直感はあたるので信用すべき。

はじめに感じた違和感はその通りになるので信じるべし。」

という話と、

「すぐには判断しちゃダメ。

出会ってすぐには分からないので様子を見てから決めるべし。」

という話と、アドバイスがバラバラで。

 

出会った相手について、直感で判断をするのか、じっくり見るのかどっちがいいの?

ということなのですが、これには明確な答えがあります。

それは

あなたの状態によって決めたら良い

ということ。

 

判断って、調子の良いときと調子の悪いときって全然違いますよね?

何か判断を求められたときに、体調が絶不調のときはまったく前向きな発想にならないし、体調もテンションも絶好調ならば勢いも含めて「行ったれ」という感じになるし。

その事柄とは直接関係なくても、調子が悪けりゃ後ろ向きな発想になり、調子が良けりゃ前向きな発想になるのって、普通のことだと思います。

 

なので、

出会った相手をどう見るかって、実際の相手がどうこうではなく、あなたの状態がどうあるかによって答えは変えた方がいいでしょう。

なんか調子が悪いときは、どうしても物事をネガティブに考えがちなのであんまり無理にジャッジをしないほうがいいし、諸々含めて調子が良いときは、進むも退くも思った通りのジャッジに委ねていいと思います。

 

お見合い相手が、具体的に何がイヤってわけじゃないけど別にいいともなんとも思わない、そんな相手と仮交際に進むかどうかジャッジを求められたとき、

ここ連続で心を痛めるような嫌な出会いが続いているならば、あなたの状態は良い状態ではないので無理にジャッジをしようとしないで冷静に様子を見た方がいいでしょう。

出会い自体はそんなにパッとしなくても、仕事もプライベートも充実をして心が晴れやかな状態ならば、感じた直感を元にジャッジをするといいでしょう。

 

自分の直感を信用していいのか、すぐに判断をしないほうがいいのか。

それは、

向き合った相手や事柄によって決めるのではなく、あなたが今前向きなジャッジをできる状態にあるのかどうかで決めると良い、

これが確かな答えになります。

 

心が痛んでいるときは、無理にジャッジをしなさんな。

心が晴れやかなときは、直感を信じて進みなさいな。

そういうこと。

 

お金がないときに怪しい投資にひっかかったり、

仕事でイラついてモメなくてもいい人とモメたり、

「心が痛んでいて考えることすら嫌になってその場で軽い判断をしてしまう」

これが失敗をする一番のパターンなので、これだけはないように注意をしましょうね。

 

 

 

 


Repre(リプレ)おすすめ情報

理想の条件をもった相手と結婚するには、入会金無料・月会費無料の「結婚相談所Repre(リプレ)」へ

人柄を重視して結婚相手と出会うには、プレお見合いをしてからお見合いを決める「プレリプレ」へ


Repre(リプレ)へのお問い合わせはこちら



プレリプレの最新情報をお送りします

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました