優柔不断な人が結婚できない明確な理由

 

昨日の

365オンライン

は、30分以内で作れる時短飯を開催しました。

が、昨日は参加が女性だけで、飯の話は20分くらいでそれ以降はグリグリの婚活話で。

はじめは男性の清潔感くらいのソフトな話題だったのですが、後半の内容は言えねぇwww

15分もオーバーしてすっごい楽しいお話でした。

でも、「ほめかい」やりましょうね。

 

本日は

10/28(木)21:00 スナック村木

を開催します。

月末お忙しいとは思いますが、思いのほか早くにお帰りになり「ちょっと時間あるな」と思ったら、ぜひお気軽にご参加ください。

明日から3日間、「1ヶ月で決める結婚」(案)の説明会でしばらく365オンラインのコミュニケーションはお休みなりますので、みんなでワイワイできるのは今月最後になります。

スナック村木は、人数制限もなくまったくのノーテーマ。

さて、今日はどんな人と居合わせて、どんな話題になりますでしょうか。

20:45まで参加申し込み受け付けております!

 

っていうか、ハゲとるやないかい。

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

優柔不断な人っていますよね。

周りから見てそう思う場合もあるし、自称の場合もあるし。

優柔不断に定義があるのかは分かりませんが、辞書によると

「気弱で、いつまでも決定が下せずに悩んでいるさま、および、そのようなぐずぐずした性格・はっきりしない性格のこと」

を指す四字熟語だそうで。

 

優柔不断を良いか悪いかで分ける必要なないのですが、優柔不断な人がひとつ確実に残念なのは、

「喜びや幸せをつかむスピードが格段に遅い」

ということです。

 

優柔不断な人の心にいつもあるのが、「損をしたくない」っていう気持ち。

たとえば、レストランでなかなかメニューが決められないのも、

「美味しくなかったらお金がもったいない」

「見た目と違ったら残念」

「この値段の価値がホントにあるかな」

etc・・・損と感じる思いを被りたくないということなんです。

その、「損をしたくない」という思いが、喜びや幸せをつかむブレーキになっています。

 

いーじゃないですか、マズかったらそれはそれで。

今後食べなければ良いだけだし、すごくマズかったら面白ネタだし。

メニューを睨んでても美味しいかどうかなんて分からないんですから、いつまでも悩んでいる時間がムダなんです。

損するかどうかなんて、考えていたって分かんないんです。

結局それで選びきれないので、いつもと同じような無難なものしか食べないから、ホントに美味しいモノ知らなかったり、自分に何が合うのかいつまでも分からないまま時は過ぎてゆくのです。

 

こういうときに損得勘定がない人(優柔不断じゃない人)って、

「あ~美味しそう!!」

でパパッと決めてしまいます。

損をすることに躊躇していないから、失敗経験も多いのですが学習の機会も多いので、喜びや楽しみをどんどん体験していきます。

失敗経験なんて糧としか思ってないし、すごい失敗ならば後々ネタにさえなると思って、損をすることなんてぜーんぜんなんとも思っていないんです。

 

これって婚活中の方にも言えること。

なかなかいい出会いが見つからない人って、いっつも自分の小さな損得ばかり考えて、

「この人イマイチっぽいな」

「つまんない人だったらヤダな」

「性格悪かったらどうしよう」

なんて、触れ合いもしないのに考え込んだり、場合によっちゃ起きてもいない問題まで起こして逃げ回ってみたり、なかなか経験をしようとしません。

いーじゃないですか、とりあえず会ってみれば。

でもって、何かの縁で出会ったのですからそれを楽しんで、余程生理的に受付けない人じゃなければとりあえず触れ合ってみて、それで合わなかったら離れればいいだけのことなんで。

婚活サービスの場合そこに対価が発生するかもですが、それだって経験を買ったと思えばいいじゃないですか。

そこを「損したくない」みたいな思いで、人との付き合いを勝手に悩んで、勝手に躊躇して、そんでもって

「出会いがない」

とかなんとか言っちゃって、そうやってどんどん時間が経って歳を重ねていって出会いも厳しくなっていく。

それがなによりも一番の損ではないでしょうか。

 

つたない経験から損得をはかるより、思いきったチャレンジをしてどんどん失敗をした方が、喜びや幸せをつかむスピードは圧倒的に早くなります。

失敗も含めて経験値を積んでいる人が、ホントにピッタリくるものを見つけやすくなるし、絶対にしちゃいけない大きな失敗もしなくなります。

優柔不断で経験をしてこなかった人が、最後の最後に取り返しのつかない失敗をするものなんです。

致命傷ではない小さな失敗は、あなたの感性を磨きます。

無理して損をする必要はありませんが、必要以上に損を恐れず行きましょう。

っていうか、いくら安全策で進んでも失敗するときはするんだから、そんなにガンガン石橋叩かないでください。

渡れる橋が無くなっちゃいますよ。

 

選択肢があるなら、新しい経験を選んで進んでいくこと。

損得でグダグダ考えずに、まずはどんどこ進んでみること。

失敗もするし損もするけど、「あそこで失敗しといてよかった」って後で思えるので。

損をしないようにばかり考えて安全策だけとって、気づいたらまったく前に進んでいないとか、選べる道がなくなっているとか、前に進む体力や気力がなくなっているとか、そういうの後で気づいちゃうのがなによりも損なので。

 

優柔不断で誰も選べずにじっとしていたら、人を選ぶ勇気もなくなり、人から選ばれる魅力もなくなり、気づいたらひとりぼっち。

そんな婚活がもっとも損です。

選んで体験した損は糧ですが、選ばずにはまった損はなかなか自力では抜け出せません。

抜け出し方も経験していないので。

今ならまだ遅くはありませんから、どんどん経験していきましょう。

 

パスタ屋さんに入ったときに

「うーーーーーーーーーーーーーーーーん、ミートソース」

っていうのやめましょう。

 

 

 

 


Repre(リプレ)おすすめ情報

理想の条件をもった相手と結婚するには、入会金無料・月会費無料の「結婚相談所Repre(リプレ)」へ

人柄を重視して結婚相手と出会うには、プレお見合いをしてからお見合いを決める「プレリプレ」へ


Repre(リプレ)へのお問い合わせはこちら



プレリプレの最新情報をお送りします

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました